メインカテゴリー

  • ぐるめ
  • 暮らし&生活
  • おでかけ&遊び
  • 美容&健康
  • 企業・その他
  • イベント
  • 特集

メールマガジン

無料メルマガに登録して
メルマガ会員限定のおトクな
最新情報をゲット★
登録 削除
送信(無料)
使ってお得なクーポン
たすかるナビ携帯サイト
BBS掲示板
  • 「木」の住まいを設計しています
表示並替 :
▼読み順  ▼更新順  ▼クチコミ有  ▼クーポン有  ▼ニュース有 
表示件数 :
 
リバーランド建築設計室

暮らしにプラス、暮らしをプラス、木のある暮らしをデザインします。 

リバーランド建築設計室

【愛西市】

住所:愛知県 愛西市西條町二町田18 ルーセント佐屋202  TEL:0567-24-8370

「木を組む」「デザインのチカラ」

★つづく、家。(これまでと、これからをつなぐ家)
時間、空間、人間。「間」を大切にした家づくり。
家づくりは一過性のものではありません。家という器を通して住まい手が年月を重ねながら育んだ歴史や文化にこそその家の真価があるのだと思います。受け継がれてきた家や、暮らしの変化に合わせて手が加えられた家に残る梁や柱からは、その家の歴史や思い出などの「時間」を感じることができます。この時間をさえぎることなく現在に取り入れることで家の魅力は一段と増したものになります。
 
家づくりの作法
★ちいさくまとめる。
「足るを知る」日本人の美徳ともいえるこの生き方は、住まいの設計でも大切にしたい考えです。本当に必要なものだけを残し設計された小さな住まいは、決して貧乏くさいものではなく、むしろ豊かさを生み出すものだと思うからです。「小さな家」は「狭い家」ではありません。
そして、小さな家は少ない材料でつくることができます。小さくすることで光熱費も抑えられます。小さくても広々と住むことができる家こそ、これから建築設計事務所がやるべき家づくりだと思うのです。
 
★心地よい空間をつくる。
家づくりを考え始めると、他にはないカタチやデザインを求めがちです。しかしそれが必ずしも「居心地の良さ」につながるとはいえません。一時流行ったコンクリート打ち放しの空間が、夏には暑く冬には底冷えするように、デザイン優先で考えられた住まいは、心地よい空間にはならないことが多いのです。リバーランド建築設計室が提案したいのは、見た目はシンプルでもなぜか気持ちいいと感じられる家づくり。家のそこかしこに心地よい居場所がある、そんな空間をつくっていきます。
 
★ソトとつながる。
家の省エネを気にするあまり、町に対して閉じた住まいが増えてきたように感じます。そのせいか町並みも楽しさを失ってしまったような気がするのです。昔は向こう三軒両隣と言われてきましたが、そうしたお隣同士のつながりも薄れ、互いの生活感が伝わってこない町並みが増えてしまっています。しかしながら住まいは、光や風、コミュニケーションなど、ソトとつながり心地よいものを採り入れることで、はじめて豊かな空間になります。リバーランド建築設計室はそうした「家」の「キワ」も大切にしたいと思っています。
 
 
 
ニュースあり
 
前へ    1    次へ